« 【美術】ダヴィッド『皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』|『美の巨人たち』より/ナポレオンの首席画家が担った新たなる神話作り | トップページ | 【写真展】『蜷川実花写真展 MIKA NINAGAWA』品川キヤノンギャラリーS/気鋭の女性写真家の色鮮やかな作品展 »

2011年5月29日 (日)

【美術展】『ルオーの風景』パナソニック電工 汐留ミュージアム/20世紀孤高の巨匠の風景画に接す

ルオーと風景
パナソニック電工 汐留ミュージアム
2011年4月23日(土)-7月3日(日)

Dsc06459

パナソニック電工 汐留ミュージアムで7月3日まで、
展覧会『ルオーと風景』が開催中です。


パナソニック電工 汐留ミュージアム
言うまでもありませんが、この美術館のパナソニック電工の経営、
汐留の同社東京本社ビル内にあります。2003年オープン。

20世紀フランスの画家ジョルジュ・ルオー(1871-1958)の油彩・版画作品
約200点をコレクションする、ルオーの専門美術館です。

ジョルジュ・ルオー(Georges Rouault 1871年5月27日-1958年2月13日)
フランス、パリの出身。
最初、ステンドグラス職人の道を歩むが、絵画をを志し、
官立の美術学校であるエコール・デ・ボザールに入学、
象徴派の巨匠ギュスターヴ・モローに師事します。
弧高の画家であったモローですが、晩年にエコール・デ・ボザールの教師に就任すると、
弟子達の個性を尊重する指導法でルオーやアンリ・マティスらを育て、
名指導者として名を残しました。

特にルオーとの親交は深く、モロー美術館の初代館長に就任します。
館長の仕事の傍ら創作を続け、宗教画や、娼婦、芸人等を描いた絵、また版画も制作しました。
フォーヴィスム(野獣派)に分類されますが、画壇とは距離を置き、
師匠同様に弧高の画家でもありました。


展覧会『ルオーと風景』

Rouault_scene00 ポスターに載っている絵は『人物と風景』(1897年)
若き日の作品です。

タイトル通り、今回の展覧会はルオーと風景に焦点を当てています。
エコール・デ・ボザール時代の作品も含めて、生まれ育ったパリの下町の情景から、
ブルーターニュやヴェルサイユで出会った自然・田園の風景が描かれています。
やがて、こうした舞台にキリストが登場し、神秘的で静謐な聖書風景へと向かっていくのです。

所蔵作品に加えて国内の他の美術館の作品、更に海外の作品も出展されていますが、
海外作品については、残念ながら震災の影響で出展中止となったものもあるようです。

Dsc06470
ミュージアムに隣接する鉄道歴史展示室(旧新橋停車場)の裏面のビアダイニング。
後ろのビルがミュージアムがあるパナソニック電工東京本社。


my mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=25686164

« 【美術】ダヴィッド『皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』|『美の巨人たち』より/ナポレオンの首席画家が担った新たなる神話作り | トップページ | 【写真展】『蜷川実花写真展 MIKA NINAGAWA』品川キヤノンギャラリーS/気鋭の女性写真家の色鮮やかな作品展 »

01.Art 美術 (展覧会)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/51803082

この記事へのトラックバック一覧です: 【美術展】『ルオーの風景』パナソニック電工 汐留ミュージアム/20世紀孤高の巨匠の風景画に接す:

« 【美術】ダヴィッド『皇帝ナポレオン一世と皇妃ジョゼフィーヌの戴冠』|『美の巨人たち』より/ナポレオンの首席画家が担った新たなる神話作り | トップページ | 【写真展】『蜷川実花写真展 MIKA NINAGAWA』品川キヤノンギャラリーS/気鋭の女性写真家の色鮮やかな作品展 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ