« 【美術展】『西洋絵画の中の人びと』松岡美術館/白金に佇む隠れ家美術館の逸品達 | トップページ | 第53回秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース&秩父散策 »

2011年5月11日 (水)

【食】リストランテ マキャベリ/新宿小田急13Fにあるイタリアン|店名はあのマキャベリズムの哲学者と関係有

リストランテ マキャベリ
小田急新宿店本館13階
http://www.giraud.co.jp/machiavelli/

飲食店といえばBarかワインバーのことしかほとんど書きませんが、
珍しくイタリアンレストランを紹介します。

ここは新宿小田急本館の13階にあります。
12階は広大なレストランフロアなのですが、13階と14階はグッとせまく、
各フロアー2件の店しか入っていません。その内の1店ということになります。

実はゴールデンウィーク中に3人で食事をする予定があったのですが、
ちょっと不確実な面もあったので、当てにしていた店に当日電話を入れたののですが、
満席と言われてしまいました。

とにかく駅から行き易い場所でなければならなかったので、
存在は知っていたここに電話してみました。
電話の応対が良かったのでまず安心しました。大事ですよね。

リストランテマキャベリの本店(?)はルネサンスの都フィレンツェで200年の歴史があるとのことです。

このマキャベリという名を聞くと、マキャベリズムという言葉を生んだ哲学者
ニコロ・マキャベリを思い出しますが、驚いたことにその一族による経営なのだそうです。
広大な土地を所有するマキャベリ家は、中世の時代よりワイン醸造農家として栄え、
その傍らAlbergaccio(宿屋)を営んでおり、その後Albergaccioが改修されRistoranteMachiavelliとなったそうです。
今では、世界中からキャンティクラシコ協会を訪れる人々のゲストハウスとして利用されているとのことです。

新宿のマキャベリはイタリア以外では唯一この店名を名乗っているのだそうです。
この店は以前はセンチュリー・ハイアット東京(現ハイアット リージェンシー 東京)にあり、
だいぶ以前に一度行ったことがあります。
5年ほど前に移転したのだそうです。

電話の応対は良かったと書きましたが、
店での応対も、料理もCPもなかなか良いと思います。
デパートの食堂街といっても、その中の“離れ”のような場所であり、
比較的落ち着いた雰囲気の割にはさほど高くありません。

私がオーダーした6500円(税込)のコースがこの内容なので立派なものでしょう。

・小さな前菜
・前菜 (メニューよりお選びください)
・本日おすすめスープ
・お好みのパスタ料理 (メニューよりお選びください)
・お口直し
・魚料理または肉料理 (メニューよりお選びください)
・ドルチェ (メニューよりお選びください)
・コーヒー&小菓子

あまり写真は撮っていませんが、
メインの牛ロースステーキ

Dsc06088
ワインはあえてキャンティではなくシチリアにしました。

デザート
Dsc06095

良さそうなテラスもあるのですが、雨、風、気温の問題で、いつも利用できるとは限らないようです。
Dsc06097

my mixi
http://mixi.jp/show_friend.pl?id=25686164

« 【美術展】『西洋絵画の中の人びと』松岡美術館/白金に佇む隠れ家美術館の逸品達 | トップページ | 第53回秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース&秩父散策 »

44.食 gourmet」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/562700/51646420

この記事へのトラックバック一覧です: 【食】リストランテ マキャベリ/新宿小田急13Fにあるイタリアン|店名はあのマキャベリズムの哲学者と関係有:

« 【美術展】『西洋絵画の中の人びと』松岡美術館/白金に佇む隠れ家美術館の逸品達 | トップページ | 第53回秩父宮記念ミューズの森チャレンジロードレース&秩父散策 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
無料ブログはココログ