« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

【カメラ】CP+(シーピープラス)2011/カメラと写真の祭典:横浜パシフィコ

少し前ですが、関東地方も雪の降った2月11日、パシフィコ横浜で開催されていた
カメラと写真の総合展示会「CP+(シーピープラス)」に行ってきました。
http://www.cpplus.jp/

主要・・というか、全てと言っていいカメラ及び写真関連企業が出展する
カメラと写真の年間最大のイベントです。

当然、プロやハイアマチュアのカメラマン達が多数集結します。
そのイベントを私の下手な写真で紹介するとは、無謀にも程がありますが、
まぁ、あくまで初心者向けintroductionということでご理解ください。

さて、私はSONY機ユーザーなのですが、入るといきなりSONYのブースでした。01dsc03907

SONYが年内発売予定のミドル機。02dsc03967
03dsc03913是非、驚くほどの性能を持ったものを出してほしいものです。


04dsc03927
05dsc03916

会場ではこんなパフォーマンスも。06dsc03978これはつまり、こんな激しい動きもバッチリ撮れるから、
試写してみてください、という意です。

さて、この手のイベントといえばコンパニオンさん。
こういう写真は慣れてないので、全然ダメですが。

07dsc03963
08dsc03970
09dsc04000
10dsc04012
11dsc03938
12dsc03925


見終わる頃には外はもう雪の夜。
13dsc04060
15dsc04057

折角の横浜なので横浜美術館の常設展と、
横浜ロイヤルパークホテルのBarロイヤルアスコットに寄って帰りました。

my mixi
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1680645470&owner_id=25686164

2011年2月 6日 (日)

テーブルウェア・フェスティバル2011/和洋食器とコーディネートの美を楽しむ祭典

東京ドームで昨日から2月13日まで開催中の
『テーブルウェア・フェスティバル2011~暮らしを彩る器展~』
を観てきました。
http://www.tokyo-dome.co.jp/tableware/

テーブルウェアの企画展示と展示販売のイベントです
毎年開催されているようですが、初めての観覧でした。

企画展示には有名メーカー商品の出展の他に、
著名人によるコーディネート、テーブルウェア大賞の出品作の展示もあり、
Art鑑賞としても楽しめる催しでした。


メーカー商品の展示 Tw2011_25_2
Tw2011_66
私の好み上、どうしても洋食器の写真が多くなってしまいますが、
勿論、和食器の出展も豊富です。


著名人のコーディネート

黒柳徹子さんTw2011_135メルヘンチックです。

自らのコーディネートを説明する加藤タキさんTw2011_145

テーブルウェア大賞出品作 

オリジナルデザイン部門 Tw2011_154

Tw2011_148

コーディネート部門Tw2011_163
Tw2011_169 一部しか紹介出来ませんが、魅力的な作品がたくさんありました。


販売会場Tw2011_35


スパークリングワインやデザートワインの試飲コーナー

ワインではなく、グラスを選び、楽しむ試飲です(有料)Tw2011_57
ロブマイヤーのグラスでドイツのスパークリングワイン、ゼクトのロゼを試飲。Tw2011_61

販売もかなり大がかりにやっているのに、入場料2000円は少し高い気もしますが、
なかなか楽しめました。
写真撮影自由なのも嬉しいです。

会場全景Tw2011_188椅子席がスカスカに見えますが、座って観覧するイベントではないので。
なかなかの盛況でした。

こちらでも写真を紹介しています。
http://photozou.jp/photo/list/250698/3615710

My mixi
http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1669162734&owner_id=25686164

2011年2月 5日 (土)

【展覧会】特別展ダ・ヴィンチ ~モナリザ25の秘密~/ルネサンス万能の天才の研究展 日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム

少し前ですが、日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアムで2月20日まで開催中の展覧会「特別展ダ・ヴィンチ ~モナリザ25の秘密~」を観てきました。
そんなミュージアムあったのか? と思ってしまいそうですが、日比谷公園第二花壇内にこの催しの為に特設された会場です。Dsc03030_2
Dsc03054


ルネサンスの万能の天才レオナルド・ダ・ヴィンチ(1452年 - 1519年)
Leonardo_da_vinci
そのダ・ヴィンチによる、おそらく世界で一番有名な絵であろう
『モナ・リザ(ラ・ジョコンダ)』(1503年-1506年頃)Mona_lisa_2

今回の展覧会には、まさかその『モナ・リザ』の本物が来ているわけではありません。
この絵の最新の研究による成果発表会といった趣のイベントです。

中でも目玉は、描かれた当時の色彩の再現。Mona_lisa2右側の青い風景のものが、制作当時に色合いだそうです。
だいぶ鮮やかに感じられ、印象が違います。


またこの展覧会は『モナ・リザ』一色というわけでもありません。

ダ・ヴィンチは膨大な手稿を残しているのですが、
その中には多くの発明品のアイディアが含まれています。
画家、芸術家だけに留まらず、「万能の天才」と称された所以です。
それらを実際に組み立てた模型も多く展示されています。

一方で、ダ・ヴィンチの絵画の本物の展示はありません。
美術を鑑賞したい人には、少し物足らないかも知れません。

ダ・ヴィンチの真作とされる絵画は十数点しか残されてないので、
簡単に日本で観れないのは仕方ない面もあります。


会場 日比谷公園ダ・ヴィンチミュージアム(日比谷公園第二花壇内特設会場
会期 2010年12月7日(火)~2011年2月20日(日)
http://www.davinci-japan.com/

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ