11.【特集】『相棒』

2019年5月14日 (火)

【相棒】大河内監察官の神保悟志が他番組出演で降板の危機? まさかそれはないかと

『相棒』で主演の水谷豊さんが
大河内春樹監察官役の神保悟志さんが他のドラマ(『ストロベリーナイト・サーガ』)で
刑事役をやっていることに不快感を示しており、
神保さんが降板させられるかも知れない、
という話がサイゾーのサイトに載っており、ネットニュースとして流れました。
https://www.cyzo.com/2019/05/post_202465_entry.html

Oo
警視庁主席監察官 大河内春樹警視正


『相棒』にはこの手の噂が今までも色々ありました。
水谷さんが“天皇”状態で、意に沿わなくなると降ろされてしまうと。

古くは初代相棒の亀山薫(寺脇康文)についてもそうです。
寺脇さんについては制作サイドとなんらかの軋轢があったことは推測されますが、
水谷さんとの確執かというと、少し違うようにも感じます。


それはおいておき、神保さんの件です。
別に『相棒』の裏事情に詳しいわけではないですが、
火のないところに煙は立たないとはいえど、
今回の話は『相棒』というドラマをあまりわかってない人による
根拠の乏しい憶測・噂話のように思います。

記事によると、水谷さんは『相棒』のレギュラー陣には『相棒』に専念して、
他のドラマに出てほしくないという希望を持っているということ。
それも、まだ単発のドラマならばともかく、連続ドラマで刑事役は看過しにくいとも。

しかし、新保さん演じる大河内はレギュラーとはいっても、
伊丹刑事や芹沢刑事、角田課長ようにほぼ毎回出ているキャラとは違い、
出ないこともあるセミレギュラー・・・というより、
明らかに出てこない方が多いのです。

また出てきたとしても、登場シーンは少ないことが多い。
この出演状況で、『相棒』だけに専念しろはあり得ないでしょう。
ましてや今回のドラマは『相棒』のオフシーズンだし。

ただ、神保さんはこの出演ペースにしては
『相棒』の主要キャストとして、メディアに登場することがたしかに多い。
『相棒』歴もシーズン2(2003年)からと古く、インパクトの強いキャラではあります。

そんな事情もあって、神保さんがもっと高い頻度で『相棒』に出ているとの誤解があり、
今回の記事になったのではないかとは思います。


それと、神保さんは『相棒』以外ではちょっとせこい悪役・嫌われ役で、、
髪も前に降ろして、大河内とはイメージが違う場合が多いように思います。
それに比べると、『ストロベリーナイト』の日下刑事は大河内に近いです。

記事ではそこが水谷さんの不興を買ったように書かれています。
しかしどちらかといえば、大河内とかけ離れた嫌われ役をやった方が
イメージを壊すと問題視されるのではないかとも思います。
まぁそれは感じ方しだいですが。


ところでこのブログでは以前、『相棒』出演俳優の年齢考察などしましたが、
番組の長期継続により、主要キャストも高齢化しています。
今回の件は単なる噂としても、誰の降板があっても不思議ではない状況ではあります。

その意味では、誰の降板予想を書いても当たってしまう可能性もあるのですが。

Old Fashioned Club  月野景史

以下、サイゾーの元記事より引用   
☆☆☆  
水谷豊が『相棒』俳優・神保悟志に不快感? 最悪降板の可能性も…
テレビ朝日系の鉄板ドラマ『相棒』の“天皇”水谷豊が、共演者の演技派俳優・神保悟志に不快感を示しているとのウワサが聞こえてくる。神保は同ドラマで、警視庁警務部首席監察官・大河内春樹警視正役を演じているのだが、いったい何が起きているのか?

その理由は、神保が現在放送中のフジテレビ系連続ドラマ『ストロベリーナイト・サーガ』(KAT-TUN・亀梨和也、二階堂ふみ主演)に、警視庁捜査一課殺人犯捜査第十係・日下班主任の日下守警部補役の“刑事”として出演していることに起因しているというから、話がチトややこしい。

「『相棒』のキャスティングは、おおむね水谷に委ねられているといいます。水谷はできるだけ、メインキャストが『相棒』に専念してくれることを望んでいそうです。従って、映画や舞台ならともかく、連ドラに関しては、ほかの作品にレギュラーで出ることをあまり快く思っていないのです。“4代目相棒”として、シーズン14(2015年10月~16年3月)から出演している反町隆史は、同ドラマに出るようになってから出演したほかのドラマは、昨年4月期『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)のみで、これもさほど重要な役ではなく、水谷の顔色を窺いながらオファーを受けたと伝え聞きます。その点、今回の神保は相応に重要な役で、『相棒』と同じ刑事役とあって、大河内春樹のイメージが損なわれかねないということで、水谷が不快感を覚えているようですよ」(テレビ制作関係者)

神保はシーズン2(03年10月~04年3月)から、16シーズンの長きにわたって出演しており、『相棒』には欠かせないメンバーといえる。それでも、水谷のご機嫌を損ねるわけにはいかないというのだから大変だ。

とはいえ、各キャストも生活があり、ほかの役を演じてみたいとの希望もあるだけに、『相棒』の撮影がない期間は、どのドラマに出ようが自由な気がする。これまでも、神保は昨年のNHK大河ドラマ『西郷どん』などに出演しているが、近年では単発ドラマ、連ドラでのゲスト出演が多く、水谷に気を遣っているようにも思われるが、さすがに『相棒』と同じ刑事役となると、話は別なのだろうか。

現実として、ゲスト出演をへて、シーズン10(11年10月~12年3月)第12話から、レギュラーになって、杉下右京(水谷)行きつけの小料理屋「花の里」の2代目女将・月本幸子役に起用された鈴木杏樹は、今年3月で終了したシーズン17をもって、よもやの卒業となってしまった。

「鈴木は、ここ数年、『相棒』以外の連ドラには出ていませんでしたが、4月に放送開始したNHK連続ドラマ小説『なつぞら』への出演が決まり、どうも水谷のご機嫌を損ねたといわれています。『なつぞら』のオンエア期間は、『相棒』の放送期間とかぶらないので、問題ない気もしますが、『相棒』に専念しない姿勢が気に入らなかったのかもしれませんね。その意味で、功労者とはいえ、他局の刑事ドラマに出ている神保だって、キャスティングから外されてしまいかねません。それくらい、水谷が権限を持っているということなんです」(同)

神保は『相棒』には、外せないキャストであるが、降板なんてことが起こり得るかもしれない。ファンにとっては、それは避けてほしいものだろうが……。
 (文=田中七男)
最終更新:2019/05/12 14:00.
★★★

2019年3月22日 (金)

【相棒】杉下右京と冠城亘 四代目バディ4期目終了/安定感あるがコンビの妙味には欠けるか

『相棒season17』も3月20日の放送で無事(?)終了。
四代目相棒の冠城亘(反町隆史)にとっては4シーズン目を終えたことになります。

初代相棒の亀山薫(寺脇康文)は6シーズン半務めましたが、
二代目の神戸尊(及川光博)、三代目の甲斐享(成宮寛貴)が実質的に丸3シーズンだったので、
冠城期はそれを上回り、亀山期にせまる安定時代となっています。

1710003


この四代目コンビ。
過去の相棒たちと比べても冠城はなかなか優秀、
杉下右京(水谷豊)とも対等に近い関係で、安心して観てられます。

元々反町隆史さんが過去の相棒役俳優と比べ、
初登場時点での俳優としての実績も年齢も上で、
また冠城の設定も法務省のエリート官僚なので、優秀なのも当然ともいえます。

ただ、初登場時の冠城は法務省からの出向の立場で警察官ではなく、
しかも“押しかけ相棒”のような形だったので結構無理のあるコンビだったし、
冠城が正式に警察官になった後も、2シーズン目くらいまでは色々軋轢もありました。

しかしやがてそれも払拭され、
シーズンを重ねるごとにこのバディは安定感を増しています。
最近は二人が別行動でそれぞれ動き、
結果としてうまく事件を解決する展開が目につくように思えます。


ただその分、コンビとしての“妙”に欠ける面はあるようにも感じます。

例えば、初代バディである杉下右京(水谷豊)は亀山薫は対称的な二人の組み合わせ。
王道ともいえる凸凹コンビ(身長もですが、キャラクターとしても)でした。

二代目の神戸尊とは一見似たようなエリートタイプですが、
天才型と秀才タイプの対照により、絶妙なコンビとなりました。

三代目の甲斐享(カイト)とは危うさを持つ若い相棒と大人の右京との組み合わせ。
ストーリー上はカイトの危うさを右京が制御できず、悲劇的な結末を招いてしまいました。


対して四代目の現状は二人とも優秀で安定感あり。
ただそれゆえにコンビとしての面白味についてはやや物足りない。

そうなるとストーリー作成上も二人で動かすより、
別行動させた方がストーリーを展開させやすい・・・ということで、
そういう話が増えているではないのかと思います。

別に二人の掛け合いがまったく面白くないとはいいません。
お互いに有能で達観した者同士の余裕あるやりとりだと思います。

しかし過去のコンビに比べると面白味に欠けるのは否めないかと思います。
とはいえ、右京と亀山の関係にしても、年を重ねるごとに亀山は落ち着きを増し、
また右京はやや角が取れ、変化していった面もありました。

現コンビも少しずつ変化を続け、今の安定に至っているともいえます。

最終回のラスで二人は、花の里に代わる新たなサロンを見つけることで意見が一致しました。
バディとしての円熟ぶりを感じさせるシーンでした。
四代目コンビはまだまだ続きそうです。

とはいえ、そういう予想を裏切るのも『相棒』。
何が起こるかは分かりませんが。

Old Fashioned Club  月野景史

2019年3月15日 (金)

【相棒17】月本幸子(鈴木杏樹)退場で花の里はどうなる?

『相棒season17』前回(3/6)と今回(3/13)は前後編で、花の里ニ代目女将・月本幸子(鈴木杏樹)回。
予告では番組からの卒業も匂わせていましたが、まさかと思っていました。
が、本当に退場・降板となってしまいました。

幸子については以前にこのブログに書いたこともありました。
この1週間でアクセスがだいぶ伸びました。

1701901

しかしこの退場はちょっと意外でした。
花の里は『相棒』にとっては番組開始以来の長年の重要コンテンツだし、
幸子が女将で特に問題があるとも思えない。
幸子がやめて、誰かが三代目の女将になるというのもちょっと無理があるように思えます。

鈴木杏樹さんはこの3月で週一回出演していた朝の情報番組『ZIP』も降板するので、
杏樹さん側の事情か?
そんな事情があるような報道も見当たりません。

ともかく、前後編の立派な退場回が作られたわけではありますが、
私はちょっと違和感を覚えました。
元々幸子がいなくても成立する話に、
幸子を無理やり絡めたようにも思えるのです。
このあたりの事情はまったくわからないけど。

そしてシーズン17は次回で最終回。
そこで後任の女将が決まる可能性は低いでしょう。

おそらく今年の秋にスタートするシーズン18以降で、
後任により(女将とは限りませんが)花の里が存続するのか、
あるいは花の里という場そのものが退場となり、
それに替わるような“サロン”が登場するのか?
あるいは特に何もないのか?
しばらく答えは出ないかと思います。

追記:3月20日放送された最終回のラストでは、
杉下右京と冠城亘が花の里に替わる新たなサロンとなる場を見つけるということで、
合意したような会話をしていました。
次のシーズンで新しく二人の行き付けとなる飲食店が登場するのでしょうか。

Old Fashioned Club  月野景史

2019年2月16日 (土)

【相棒17】「容疑者 内村完爾」 初の“内村刑事部長回”/片桐竜次の軌跡 水谷豊との関わり

次回2月20日放送の『相棒seazon17』第16話の「容疑者 内村完爾」。
警視庁刑事部長 内村完爾役の片桐竜次さんをメインとしてフィーチャーした回になるようです。
https://www.tv-asahi.co.jp/aibou/story/0016/



Uchimura


内村は2000年の土曜ワイド劇場版『相棒』第1作から登場しているキャラクターですが、
これまで“内村回”といえる話が放送されたことは一度もないと思います。

私は長年の片桐竜次ファンなので、あまりに遅すぎた初の内村回=片桐竜次回の放送は
嬉しくて楽しみですが、片桐さんは1947年生まれで今年72歳。
最近はさすがに風貌や台詞回しにも年齢を感じさせる面もあり、
また今回は内村が殺人容疑者として神奈川県警に拘束されるという話のようで、
もしかしたら『相棒』卒業・降板ではないかと不安も感じています。

今回は俳優・片桐竜次の足跡をごく簡単にですが、紹介します。


片桐竜次
(かたぎり りゅうじ、1947年8月14日- )  

片桐さんは現在も東映マネージメントに所属する東映生え抜きの俳優です。
1969年入社、1971年映画デビュー。
多くのやくざ映画、アクション映画に端役で出演し、
出世作となったのは渡瀬恒彦さん主演で川谷拓三さんらと共演した1976年の『狂った野獣』。

以降はテレビの刑事ドラマや時代劇にもメイン級の悪役で出演するようになり、
松田優作さんの『探偵物語』(1979-80年)には半年の放送期間中に別々の役で3度出演しました。

そして1980年、『探偵物語』の後番組である東映制作のアクションドラマ
『大激闘マッドポリス'80』(途中で『特命刑事』に改題)では初の本格レギュラーを務めました。


Daigekitou_katagiri_003
ドラマ『特命刑事』(1984年 日本テレビ系)オープニングより
片桐さん若き日の雄姿

このドラマや『狂った野獣』主演の渡瀬恒彦さんも生涯東映の人で
片桐さんとは共演作も多い。
また容貌の少し似ている松田優作さんとの共演もその後もありました。

ただ『特命刑事』はハードなアクション、スリリングでダイナミックな展開の傑作だったのですが、
ヒット作とはならず、片桐さんもしばらく悪役が続きます。


水谷豊と片桐竜次
水谷さんと片桐さんは、古くは1977年に渡哲也さん主演で石原裕次郎さんや松田優作さんも出演していた
『大都会Ⅱ』の同じ回に共に犯人役で出演したこともありましたが、
(水谷さんは若い頃、刑事ドラマに何度も犯人役で出ていますが、
この時点ではかなりメジャーになっていたので、ここでの犯人役ゲストはレアです)

本格的な共演といえば水谷さん主演の連続ドラマ『気分は名探偵』(1984-85年)です。
水谷さんは探偵、片桐さんは刑事役でレギュラー。
連続ドラマのレギュラー自体、『特命刑事』以来かと思います。
『探偵物語』における松田優作さんと山西道広さん(成田三樹夫さんの部下の刑事)の関係に近いイメージでした。

ここから水谷さんとの共演も増えていきました。
1990年代には水谷さん主演の2時間ドラマ『地方記者・立花陽介』シリーズにレギュラー出演しています。
悪役にしても年齢に応じてアウトロータイプから、風格ある大物風が増えいていきます。


そして前述のように2000年代には水谷さんの『相棒』では内村刑事部長(警視長)。
2002年からは渡瀬恒彦さんの『おみやさん』で京都府警鴨川東署刑事課の村井課長。
共に水谷さん、渡瀬さんの直接の上司であるかは微妙なのですが、
警察ドラマの二大人気シリーズで主人公の嫌われ者の上役的な警察幹部役を務めました。

最近は『相棒』以外の出演は稀で、
上でもやや年齢も感じるようなことも書きましたが(ネットでも同様の意見は散見されます)、
実は片桐さん、2016年には俳優45周年記念の初主演映画『キリマンジャロは遠く』が
制作されたりもしています。

ここは『相棒』も退場・降板など寂しい話ではなく、初の“内村回”で健在ぶりを見せてほしい。
そして私が一番観たいのは、“水谷豊と片桐竜次の『相棒』”・・・というか、バディ物だったりもします。

まぁ実はこの回の脚本が『相棒』書くの初めての人なので、
ここでの退場はないだろうとの読みもあるのですが。

Old Fashioned Club  月野景史


以下、番組公式サイトより引用
☆☆☆
2019年2月20日(水)よる9:00~9:54
相棒 第16話「容疑者 内村完爾」

警視庁震撼!! 弁護士殺人の容疑者は内村刑事部長!?
特別に捜査権を与えられた特命係が真相解明に走る!!

神奈川県内の河川敷で、人権派として知られる弁護士の他殺遺体が発見され、現場にいた内村刑事部長(片桐竜次)が容疑者として拘束される。捜査に乗り出した右京(水谷豊)と亘(反町隆史)は、遺留品を手掛かりに、近くの線香工場で聞き込みを。すると従業員の中に、12年前に女子高生を殺害した罪で懲役刑を受け、最近出所したばかりの男が、殺害された弁護士の紹介で働き始めていることが判明。しかも、男はこの日、無断欠勤しており、行方が分からなくなっているという。右京と亘は、12年前の事件と今回の一件の関係を調べるため、娘を殺害された被害者遺族の元へ。しかし、母親の由美(あめくみちこ)とは会えたものの、父親の笹山(江藤潤)は海外出張中とのこと。ただ、内村と笹山は大学の同期で、12年前の事件の際も、内村は遺族の便宜を図っていたことが分かる。

完全黙秘の内村刑事部長の真意とは…
そして弁護士殺害と12年前の通り魔事件に関連が…!?
交錯する正義の先に思わぬ真実が浮かび上がる!

ゲスト:江藤潤 あめくみちこ
脚本:児玉頼子
監督:内片輝
★★★

2018年12月23日 (日)

【相棒17】2019元日SP/神戸尊(及川光博)と社美彌子(仲間由紀恵)が久々登場

伊丹刑事退場、川原和久さん降板か?
と気をもませた『相棒17』第9話(12/12放送)ですが、
結局伊丹は命びろいし、無事残留となりました。

少し早めですが、これで年内の放送は終了、次は恒例の元日スペシャルです。


2019年1月1日(火・祝)よる9:00~11:15
テレビ朝日開局60周年記念 元日スペシャル
『相棒season17』第10話「ディーバ」

凱旋帰国した世界的歌姫を巻き込む誘拐事件が発生!!
さらに、世間を震撼させる“殺人の告発”が…
右京は元特命係・尊に協力要請!! 前代未聞の難事件に挑む!!




1710001

今回は2代目相棒の神戸尊(及川光博)が約2年ぶりに登場。
元日スペシャルへの出演は現役時代の2012年以来だと思います。
現在は警察庁官房付の神戸ですが、右京の依頼で特命係に協力するようです。
現4代目相棒・冠城亘(反町隆史)とアクションシーンもあるとか。



1710002

そして仲間由紀恵さん演じる警視庁総務部広報課 課長・社美彌子も久々の登場。 
仲間さんにとっては産休明け初のドラマ出演とのこと。
色々謎ほ抱えたキャラクターですが、どのような展開があるのか?



見どころ満載。
ストーリーは結構複雑そう。
内容の充実が望まれるところです。

Old Fashioned Club  月野景史

2018年12月 8日 (土)

【相棒17】12/12放送第9話「刑事一人」/伊丹刑事(川原和久)退場か?

12月12日放送の『相棒season17』第9話「刑事一人」。
あらすじを読むと、タイトルの「刑事一人」とは伊丹刑事のことのようで、
警視庁が捜査を打ち切った事件を彼が単身で追うようです。

170901


そして、予告映像には「絶対絶命の伊丹」とあります。
なにやら伊丹の退場を予感させます。
退場どころか、命の危険、殉職の可能性すら感じる予告内容です。

もっとも、退職・殉職による退場を予感させて何もなしというのは近年の『相棒』で珍しくはありません。
ネットでは「やめるやめる詐欺」などと揶揄されていたりします。
実は伊丹についても約2年前、2016年1月27日放送の『season14』第13話「伊丹刑事の失職」で、
同様のことがありました。

脚本がこのようなレギュラー陣の進退に関わるようなネタが多い真野勝成氏なので、
今回もまたそうかなという気もします。

ただ深読みすれば、伊丹の場合は比較的最近それがあっただけに、
ニ度目はない、今回は本当に退場・降板かと考えられなくもないですが。


伊丹憲一(いたみ けんいち)(演:川原和久)
警視庁刑事部捜査一課の刑事。階級は巡査部長。
2000年の『相棒』プレシーズン 土曜ワイド劇場版第1作より登場するシリーズの重要レギュラー。
かつては同じ捜査一課の三浦刑事(大谷亮介)、芹沢刑事(山中崇史)とは「トリオ・ザ・捜一」と呼ばれました。
シーズン12以降は三浦が退職したので、芹沢とのコンビの状態です。
そして、初期は同期入庁設定の初代相棒亀山薫(寺脇康文)との絡み、いがみ合いもまた『相棒』の名物でした。

2013年にはスピンオフの伊丹主演映画『相棒シリーズ X DAY』も公開されるなど、
個性的な脇役陣の中でも鑑識課の米沢守(六角精児)と並び、『相棒』に欠かせない名物キャラクター。

もう一人の米沢守は2016年3月の『season14』最終話をもって退場しています。
(警察組織には残っているので、その後も何度か顔を出していますが)

米沢もその1年少し前、2015年1月14日放送『相棒season13』第11話が
「米沢守 最後の挨拶」のタイトルで、退場を予感させましたが、残留しました。
でも二度目はなかったということになります。


川原和久さんは二時間ドラマ時代から数えると伊丹を演じてそろそろ20年になります。
伊丹役としてかなりの認知度があると思いますが、
六角さんと違って、他のテレビドラマには滅多に出演しません。
所属する劇団ショーマの仕事が忙しいのか?

今回は伊丹と因縁の深い亀山が移住した国サルウィンもストーリーに絡むようです。
そういえば、テレビ朝日ではつい先週の月曜と火曜に亀山薫の退場編である
シーズン7の第8話と9話「レベル4」の前後編が放送されたばかりです。
これも伏線なのか。

どうなりますか?

Old Fashioned Club  月野景史

2018年10月15日 (月)

【相棒17】10/17スタート/右京・冠城・青木 今期は特命係3人体制でいくのか?

17top

テレビ朝日・東映制作の国民的長寿ドラマ『相棒』は10月17日(水)よりseason17がスタートします。
杉下右京(水谷豊)と4代目相棒・冠城亘(反町隆史)のコンビによる4シーズン目ということになります。

2代目の神戸尊(及川光博)、3代目の甲斐享(成宮寛貴)がほぼ丸3シーズンで退場しているので、
冠城がまさかの初回退場などというどんでん返しでも起きない限り、
4期を迎える久々の長期コンビということになりそうです。

しかし、今期はスタート前に土曜ワイド第1作から出演している大木長十郎刑事役の
志水正義さんの訃報という悲しい知らせがありました。
志水さんの闘病について記した私のブログには驚くほど多くのアクセスがありました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-dcd1.html

改めて志水さんに哀悼の意を表したいと思います。


さて、ドラマ『相棒』は右京・冠城コンビによる長期安定時代を迎えるのか。
しかし、そうだとしても、今期は波乱の幕開けです。
前シーズン最終話からの流れで、サイバーセキュリティー対策室の青木年男(浅利陽介)が
異動により特命係に加わってのスタートとなるからです。

となると、特命係が3人になるということ。
この特命係3人体制というのは過去に単発エピソードとしてはあるのですが、
継続的にそうなるとしたら初めてのことです。

なにしろ、当初は『相棒・警視庁ふたりだけの特命係』というタイトルだったドラマです。
それが本当にシーズン通して3人体制でいくのか、予断を許さぬところです(笑)。


1701001
左から杉下右京、青木年男、冠城亘の新特命係トリオ!?


しかし、問題はそういった表面的な体裁だけではありません。
そもそも、青木が特命係に異動になった事情からして、
『相棒』世界の常識からすれぱ、かなり解せないことなのです。

青木は中途採用の特異なポジションとはいえ、警察官の職にありながら、
これも近年セミレギュラーとして登場している雑誌記者の風間楓子(芦名星)を
背後から押してエスカレーターから突き落とすという乱暴な行為を行っています。
階段から突き落とされて意外と簡単に人が死んでしまう『相棒』ワールドにおいては、
“殺人未遂”といっていい犯罪です。

これだけの重罪を犯しながら逮捕もされず、警察をクビにもならず、
特命係入りとか・・・・あり得るのか?

しかし、この不条理感もまた『相棒』らしいと言えなくもなく・・・。
難しいところです。


ネットでは、とりあえず今期は特命3人体制でスタートしても、
青木はすぐに外れるのだろうという見方もあります。

それもわかるのですが、
なにか最近の傾向からいうと、しばらくこのままいくのでは、
という気もします。

Old Fashioned Club  月野景史

2018年9月28日 (金)

【俳優】志水正義死去/『相棒』の大木刑事役 FBでガンとの闘病を告白していた

訃報 俳優の志水正義さんが9月27日に亡くなりました。60歳

Photo_2
志水正義
(しみず せいぎ、1958年3月4日 - 2018年9月27日)


志水さんは2000年6月に土曜ワイド劇場で2時間ドラマとして放送された
『相棒』シリーズの第1作から大木長十郎刑事役で出演してきました。

大木刑事とは・・・
杉下右京(水谷豊)のいる特命係に隣接する組対5課の所属で、角田課長(山西惇)の部下。
大木にとっての“相棒”である大柄の小松真琴刑事(久保田龍吉)と共に、いつも特命の様子をうかがっている、
小柄で髭面のダンディな刑事です。

番組スタートから最新作の『season16』(2017年10月-2018年3月)18年間、
劇場版も含めて出演を続けてきました。
当初は役名もなく、セリフのない回も多いモブ的なポジションでしたが、
『相棒』人気の高まりにつれて注目度も上がり、重要な役割を担うことも増えていきました。


志水さんはこの年代の男性には珍しく、小まめに自撮り写真付きでフェイスブックを更新する人でした。
そして今年の7月にFBで癌との闘病と、発病の原因について公表したのですが
その内容は大変ショッキングなものでした。

当時、そのことについてこのブログに記しました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2018/07/post-dcd1.html

このブログには今まで多くのアクセスがありました。


その後、志水さんは前向きに治療に取り組むと共に、
10月にスタートする『相棒 season17』の撮影に参加していることもFBに記していましたが、
病状は悪化し、残念な訃報となりました。

謹んで哀悼の意を表します。

Old Fashioned Club  月野景史

2018年8月10日 (金)

【俳優】津川雅彦死去/昭和~平成の名優 『相棒』では政治家・瀬戸内米蔵役

訃報 俳優の津川雅彦さんが亡くなりました。78歳


津川雅彦
(つがわ まさひこ、1940年1月2日 - 2018年8月4日)

父・澤村国太郎、兄・長門裕之、祖父・牧野省三、叔母・沢村貞子、叔父・加東大介という超名門の出。
自身も大物俳優、大スターにして名優、そして晩年まで第一線の売れっ子俳優として活躍しました。
4月に亡くなった妻の朝丘雪路さんを追うかのような最期でした。

そのキャリアは輝かしいのですが、本人も述懐しているようですがやや不遇だった時代もあり、
たしかに1970年代くらいまでは「津川さんにしては意外と小さな役だな」というような作品も見かけます。
1980年代か、もう少し前からかも知れませんが、再上昇に転じた人です。

その活躍は俳優業のみに留まらず、多くの人が様々に書くでしょうから、このブログではやはり『相棒』に絞ります。


16120101
本年1月の放送より


津川さんは『相棒』シリーズに政治家の瀬戸内米蔵役で出演しました。
与党の大物で元法務大臣にして僧侶という役どころで、いわゆるセミレギュラーですが、
2時間スペシャルや劇場版などの大作に登場して、重要な役割を担いました。

初登場は2004年放送のシーズン2最終話。
以来、特命係の杉下右京(水谷豊)と初代相棒の亀山薫(寺脇康文)、
及び殉職した小野田官房長(岸部一徳)とはいくつかの事件に絡み、
深い因縁を重ねてきました。

しかしシーズン7で横領罪で逮捕され(2008年)、10年の刑に服します。
その間も獄中から特命係と関わったので、2代目相棒の神戸尊(及川光博)、
3代目の甲斐享(成宮寛貴)とも接点があります。

実はお兄さんの長門裕之さんも初期の『相棒』に外務官僚として出演しています。
特命係ができるきっかけとなった人物なのですが、こちらは大ヒール、悪役です。

それに対して瀬戸内は政治家らしいクセはありますが、
基本的には正義感が強く情に厚い一本気な人物で、特命係の理解者・協力者。
逮捕・服役も自らの信念を貫いた結果ともいえます。

そして、今年の1月後半に2週にわたり放送された
シーズン16 300回記念前後篇スペシャル「いわんや悪人をや」で
2014年3月以来、約4年ぶりの再登場を果たしました。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2018/01/1612431300-986a.html


161303

晴れて仮出所し、住職として寺に落ち着くという展開。
これが『相棒』には最後の出演となりましたが、とにかく出所まで描かれたのはよかった。


津川さんはこの後、3月に放送されたアガサ・クリスティ原作ドラマにも出演していますが、
撮影時期でいうと、この『相棒』300回SPが後になると思われるので、
もしかしたらテレビドラマとしての遺作かも知れません。
ただ、まだ未放送の作品があるという話も聞くので、わかりませんが。


津川さんの訃報を受け、テレビ朝日は急遽予定を差替え追悼企画として、
今日8月10日の午後に瀬戸内が逮捕されるシーズン7の第1・2話を再放送しました。
そして明日11日14:10より上述の300回記念スペシャル「いわんや悪人をや」前後篇が再放送予定です。


以上、津川さんと『相棒』について書きましたが、
実は津川さんは『相棒』と並ぶテレビ朝日・東映制作の長寿ドラマ『科捜研の女』にも、
シーズン11のみですが、京都府警本部長役でセミレギュラー出演し、
榊マリコ(沢口靖子)や土門薫(内藤剛志)ともしっかり共演しています。
さすが、最後まで現役の売れっ子。こちらも追悼放送してほしいものです。
頻繁に放送されてはいますが。

昭和・平成の名優に、謹んで哀悼の意を表します。

Old Fashioned Club  月野景史

2018年8月 7日 (火)

【相棒】テレビ朝日が宮部たまき(高樹沙耶)登場回の再放送を解禁

今日8月7日、テレビ朝日夕方の『相棒』再放送で、
封印状態だった宮部たまき(高樹沙耶)の登場回が再放送されました。
高樹さんが大麻取締法違反容疑で2016年10月に逮捕されて以来、
約1年10ヶ月ぶりの解禁ということになると思います。


Dsc00795
放送されたのはシーズン7第6話「希望の終盤」
初代相棒亀山薫(寺脇康文)と美和子(鈴木砂羽)はこのシーズンの第7・8話で退場するので、その直前です。


高樹さんは主人公・杉下右京(水谷豊)の元妻で小料理屋「花の里」の女将・宮部たまき役として、
連続ドラマ化される前の土曜ワイド劇場第1作(2000年)から出演し、
2011年のシーズン10第1話で降板しました。
(※シーズン7以降は本名の益戸育江に改名。2016年の参院選には高樹沙耶名義で出馬。)

テレビ朝日は元々『相棒』シリーズを毎日のようにランダムで再放送しています。
高樹さんの逮捕以降、彼女の出演回を放送しなくなったのですが、
ランダム放送なので出演回を飛ばすのではなく、出ていない回をピックアップして放送していたのです。
初代相棒の亀山薫時代は出演頻度が高く、亀山時代の大半が放送されないという事態に陥っていました。

放送可能な高樹さん不出演の回についてはこちらでリストアップしています。
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/12/post-84b7.html 

逮捕までの経緯はこちら
http://oldfashioned.cocolog-nifty.com/blog/2016/10/post-cb4d.html 


たまきの登場回を放送しないことについて、テレビ朝日側は何のアナウンスもしなかった思います。
そして今回の解禁も静かに行われました。

今後の予定を見ると、1週間後の来週火曜日8月14日に同じシーズンの第13話が放送予定です。
これは亀山退場後で2代目相棒神戸尊(及川光博)登場前、特命係が右京1人のいわゆる“片棒時代”
ランダム放送なのでその後はどうようなペースになるかは不明ですが、
『相棒』ファンにとってまずは喜ばしいことです。


Old Fashioned Club  月野景史

より以前の記事一覧

フォト
サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ